2018年 11月 14日
 先週の金曜日に宮田村商工会の役員研修会が開催されました。このような研修会が開催されたことは未だかつてなく、初めてというべき研修会でした。
タイトルなし
 研修の主題は『商工会中期マスタープランと経営発達支援事業について』ということでした。要は中期マスタープランの内容についてもう少し重大に受け止めていかないとこれからの商工会(活動)は補助金も無くなり、立ち行かなくなってしまうということです。特に長野県は遅れているということですから、役員及び会員がもう少し自分たちのことだという認識を強く持って活動していかなくてはならないようです…。