2018年 7月 23日
 土曜日、日曜日にかけて実施された宮田祇園祭は最高の天候に恵まれ今年も無事に終了しました。特に宵祭りが行われた土曜日は、日中の最高気温が36℃近かったこともあり涼を求めて多くの皆さんが街に繰り出しました。
タイトルなし
 午後からの山車、子供神輿に続いて午後5時頃から暴れ神輿が街に繰り出しました。その頃から津島神社周辺は多くの人たちで賑わいを見せはじめ、7時45分からの花火大会に続きクライマックスを迎える神輿の破砕の頃には多くの観客が津島神社に押し寄せました。今年も大きな事故も無く神輿の破砕、大三国は終わり無事に宵祭りは終了しました。また一つ歴史にその年輪が刻まれました…。