長野県上伊那郡宮田村6458番地
TEL : 0265-85-4375
FAX : 0265-85-4532

新着情報

INFORMATIONS

 >  新着情報  >  K様宅新築工事インタビュー(プロローグ)

K様宅新築工事インタビュー(プロローグ)

一般情報  2019.06.20

今回からシリーズ形式で、K様宅新築工事の模様をお送りしていきたいと思います。

今回、宮田村在住のK様がお宅を新築するにあたり、

弊社の新しい取り組みで家づくりをしていただけることになりました。

 

弊社の新しい取り組みとは、コンセプトとデザイン重視の家づくり。

 

家づくりを始める段階は建築士さんと施主さんが直接1対1で

要望を話し合いながらデザイン・設計をしていき、

その設計をもとに実際に弊社が施工するというものです。

 

弊社を選んでいただいた理由について伺ったところ、

以前から弊社はK様が運営する工場内の設備の工事などを請け負っており、

その際に主にやりとりしていた弊社の担当(S)の仕事ぶりに信頼感を覚えたそうで、

「家を新築するならぜひSさんにお願いしたいという気持ちがありました」とK様は語ってくれました。

そのご縁から今回新築工事の運びとなりました。

 

===シンプルで落ち着いた暮らしが理想===

K様が希望するのはシンプルで落ち着いた暮らし。

そんな理想の暮らしの実現にむけて建築士の方が実際にデザインしたものがこちらです。

 

K様は規格ばった味わいのない作りを望まないとのことで、

内装は多少荒い感じの残るインダストリアル系な印象となっています。

また、床はナラの無垢板を選んだり天井は梁を出したりと

全体的に木を生かした内装にされています。

 

K様はかねてより薪ストーブのある暮らしに憧れていたそうで、

今回新築するにあたりHETA(ヒタ)のノルンという炉の上にオーブンがついた薪ストーブをチョイス。

料理好きというK様のこだわりが感じられます。

そんな薪ストーブを置くスペースは、建築士の方からの提案で土間になっています。

遊び心がありますね。

 

薪ストーブを選ぶ際も伊那市にある薪メンという薪ストーブ店に足を運び、

店員の方のお話を参考にしてもらい選んでいただきました。

 

===一から手作りのオリジナルキッチン===

自分で料理をするというK様は今回新築するにあたり、

キッチンスペースは特にこだわって設計されていました。

キッチンも既製品のものではなく、要望を聞きながら一から設計しました。

食器類を置くつり棚やキッチン裏の棚も木を生かした作りとなっています。

また自分の使いやすいように収納の位置やサイズを決めたり、

細部にまで要望が取り入れられています。

 

そんなK様宅、7月よりいよいよ新築工事が着工します。

その様子も今後シリーズとしてこちらにUPしていきますので、どうぞご期待ください。

TOP